Return to site

モンテッソーリにプログラミングを入れてみました

Growbaのコンセプト「モンテッソーリ×英語×IT」の実現に向けて

· プログラミング,モンテッソーリ,IT教育,STEM

こんにちは、Growba®モンテッソーリ・プレスクール代表・主任教師

さじ ゆきこ です。

本日は、モンテッソーリ3-6歳クラスでのプログラミング学習について、初級段階を集団提示で行ってみたことについて、生徒側の反応や私たちの印象などを書いてみたいと思います。

モンテッソーリがカバーしていない概念

私たちGrowba®モンテッソーリ・プレスクールのメンバーは、現代を生きる子どもたちが10数年~20数年後に成人し職業を得て自分たちの生活を営んでいくために、どのようなことを学び出来るようになっていかなければならないか、ということを頻繁にディスカッションします。

その話し合いの中心はやはりモンテッソーリ教育が果たす役割について、ですが、教育理論として100年以上も前に確立されたモンテッソーリ教育がカバーしていない領域も当然存在しています。

その中の一つが「デジタル」という概念です。

デジタル概念をどう教えていくか

モンテッソーリ教育では、例えば時計の概念を教える時には、時針、分針、秒針が動く時計を用意します。これは視覚的にも「6」の次は「7」である、などを把握することが出来ますし、秒針が1周するのに60秒とちょうどよい長さです。

しかし、世の中で「時計」というと今はほとんどがデジタル時計ではないでしょうか。

当然子どもの発達過程を見ながら、ですが、モンテッソーリ教育のカリキュラムの中に「デジタル時計も時計の一つだよ」という事実を教えることは意味のあることだと思います。

ところが日本のモンテッソーリ教育においては、デジタル時計はおろか、tangibleな(手で触ることの出来る)物以外はモンテッソーリ的でない、という意味で排除することが多いです。

プログラミングの教育的意味が実は極めてモンテッソーリ的だった話

ここで、プログラミングの教育的意味について記事をご紹介します。

  1. 問題解決や忍耐強く疑問を解くことの大切さがわかる
    • コードをいじったことがある人なら、初心者やプロの違いを問わず、プログラムを作るのは最初からかなり困難を伴う作業になると教えてくれるでしょう。時にプログラミングは、本当に本当にイライラする作業になります。
    • しかし、この難しさに教育的な意味があると言うのは、コンピュータ科学者であり教育者のシーナ・ヴァイディアナサンです。シーナは次のように言います。「何かが上手くいかなくても、すぐに手を加えて違う方法で上手くいくかどうかを試せることが、子どもの学びになります」。
    • プログラミングの初歩を教えることで、子どもたちはコーディングが上手くいかない場合に、目の前にある選択肢以外の方法を考慮できるようになります。例えば、「A+Bが上手くいかなかったけど、A+Cならどうだろう」と。コーディングを通じて、子どもたちには一つの問題について粘り強く考え、解決法を見つけ出す力がつきます。
  2. 「どうやるか」について考えることで、子どもは学ぶ
    • コーディング教育界の祖父とも呼ばれるシーモア・パパートは、プログラムで動かせるロボットを使った子ども向けのコンピュータ教育を大きく広め、「実際にやってみることで人は学ぶ」という原則を強く支持した教育者でもあります。「ロボットに動作をさせるためのプログラムを書くことで、子どもは『動き』について考えることができる」と、プログラムと実際の動作によって理解を深められると考えました。
    • 以上2点を踏まえ、最終的には「実際にやってみることで学ぶが、どうやるかについて考えることでさらに学ぶことができる。それが一番、大切なことだ」と考えるようになります。つまり、何か動作をする前に、その動きをステップごとに考えることで、その動作についての理解を深めることができます。
  3. 「どう考えるか」について学ぶこともできる
    • パパートはまた、子どもが初めてプログラミングに触れた時に感じる発見の驚きと「センスオブワンダー」についても言及しています。「コンピュータにものの考え方を教える中で、子どもたちも自分がどのように考えるのかについて、大いなる思考の冒険に出かけます。思考について考えることで、とてつもない経験をする子どももいます。中には大人顔負けの認識論の研究者のような発言をする子どももいます」。大人にとっても、思考についての議論は非常に面白いものです。だからこそ、プログラミング的思考は、何よりも重要な思考ツール(21世紀の思考ツール)と呼べるのです。暮らしの中で使うことで、想像もできないほどの効果を発揮します。
いかがですか?
プログラミングの思考過程とは極めてモンテッソーリ教育の要素そのもの
ですね。

プログラミングツールをレッスンに入れてみました

こちらはレッスン前に動作テストをしている動画です。
画面下のボード上に、プログラムコードを現すコーディング用ブロックを置いていきます。緑色のブロックは「直進」、黄色のブロックは「左を向く」、赤色のブロックは「右を向く」をロボットに指示が出せます。

ボード場の青色のボタンを押すと、コーディング用ブロックの順番にロボットが動いていきます。

初回ということもあり、それぞれのコーディング用ブロックの色とロボットの動きの提示を行いました。

子どもたちにはここを起点として、時間のあるときに自分でコーディング用ブロックを置いてロボットを動かしながら、どうやったら自分の思った方向に動かせるかを試行錯誤して学んでいってほしいと思います。

今後ともGrowba®モンテッソーリ・プレスクールは

「モンテッソーリ×英語×IT」

を実現するべく、努力してまいります。

 

何卒Growba®モンテッソーリ・プレスクールをよろしくおねがいいたします。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK