• 1.モンテッソーリ教育とは

    世界が認めたオルタナティブ教育

    マリア・モンテッソーリ

    医者で教育者のマリア・モンテッソーリがイタリアで考案。

    100年の歴史があり、世界中(特に米国で盛ん。欧州:オランダ、英国、ドイツでも有名)での実績があります。

    日本へも約100年前から導入されています。

     

    2016年には英国王室のウィリアム王子とキャサリン妃の長男ジョージ王子がウェストエーカー・モンテッソーリ幼稚園に通っているということが話題になりました。

    その時に英BBCが書いたモンテッソーリ教育についての簡単な説明文が以下になります。
    Working with special needs children, Dr Maria Montessori developed a child-centred approach using the classroom as her laboratory.
    Utilising children's natural instinct to learn through play, children are free to develop at their own pace.
    They choose the activities they want to pursue, in effect being trusted as the masters of their own development.
    Much Montessori philosophy has been incorporated as best practice in regular nurseries.
    Staff may lead activities, such as identifying sand paper numbers, which children will be encouraged but not obliged to take part in.
    Montessori nurseries can be quite different however, with some following the principles more closely than others.
    To use the name, a nursery must have a Montessori-trained member of staff.

     

    このようにモンテッソーリ方式は幼児教育には少なからず取り入れられていますが、モンテッソーリスクールでは質の高い教育を上質な教具を使って専門スタッフが行います。

  • 2.モンテッソーリ教育を受けた著名人は? 

    英国王室、米国のITメガベンチャーの経営者はモンテッソーリ教育出身​

    モンテッソーリ教育を受けた著名人

    英国王室(ウィリアム王子、ヘンリー王子、ウィリアム王子の長男ジョージ王子)

    Google 創業者 ラリー・ペイジ氏、セルゲイ・ブリン氏

    Googleは社内制度などにモンテッソーリ方式の考え方を色濃く反映させている

    Amazon.com 創業者 ジェフ・ベゾス氏

    Facebook 創業者 マーク・ザッカーバーグ氏

    Microsoft創業者 ビル・ゲイツ氏

    故ピーター・ドラッカー氏、バラック・オバマ前米大統領 など

     

    IT企業経営者にモンテッソーリ出身者が多いのは、新しい経済であるITの仕事に対し、幼児期という人間としての基礎を構築する時期に良質な教育で既存の枠にとらわれずに自立的に考え実行する土壌を築けている結果であると言えます。

    また、次期学習指導要領をベースにする入試では学力の3要素として従来の「知識・技能」に加え、「思考力・判断力・表現力」と「主体性・多様性・協働性」で選抜が行われますが、モンテッソーリ方式は新しく加えられる2つの要素を養成する有力な手法であり、結果的に「知識・技能」の習得方法を学ぶので全能力をバランスよく育成できると言えます。

  • 3.Googleとモンテッソーリ

    Googleを語るときにモンテッソーリの考え方は外せない

    Googleとモンテッソーリ教育

    (画像をクリックすると記事がご覧になれます;英語)

    サーゲイ・ブリンのモンテッソーリ教育体験談

    ラリー・ペイジが語るモンテッソーリ

  • 4.幼児期にやっておくべきこと

    知らないと「その時」にしか身につかないことを見逃してしまいます

    幼児期

    Growba®モンテッソーリ・プレスクールでは体験入学前のお電話から体験入学時、入学後にママたちの子育て相談をよく受けます

    しかし、相談を聞いていると下記が目立ちます。

    1. 子どもにとって本来その時点で身に着けるべき能力は、子どもが自ずと「やりたいこと」として表現していることを大人は見逃しがち
    2. 親がよかれと思って「子どもは空っぽの容器なので、早い時期にそこに入れられるだけいれてあげよう」とやらせていることが結果的に子どもの自立的成長を阻害している

    モンテッソーリ方式では、発達段階に見られる子どもの敏感期に合わせた学習項目を提示するので勉強嫌いにならずに自ら学習する癖も身に着けられますが、これは裏返すと、敏感期を逃してしまうとその学習項目を十分に学ばないまま能力獲得のタイミングが過ぎて閉じてしまう、ということでもあります。

    故・相良敦子著「幼児期には2度チャンスがある」でも書かれている通り、敏感期は0~3歳と3歳から6歳の2回訪れますが、特に3歳までには脳は80%まで発達してしまうことを考えると、語弊を恐れずに言うのであれば、「3歳までに経験させるべきことをさしおいて他のことをさせてしまうのは本末転倒」であると考えます。

  • 5.モンテッソーリ教育の目的

    自立した子どもを育てること

    自立と自律

    現代の日本社会では、子どもは成人して社会に羽ばたいていくときに初めて親から自立する状態になります。

     

    しかし子どもたち自身は幼児の頃から「自分でやりたい」と意思表示をします

    マリア・モンテッソーリは、

    • 子どもは生まれつき「成長したい」という意欲と力を持って生まれてくる
    • 大人の役割は教えることではなく、子どもの自発性を尊重し、子供の育ちに見合った環境を整えることが大切

    だと考えました。

     

    そして、マリア・モンテッソーリは子どもの育ちを援助する独自の教具を考案しました。知育教具は木製で美しく、子どもたちを「おしごと」に誘いかけます。

     

    モンテッソーリ知育教具を使った教育の効果は大脳生理学的、心理学的、教育学的にも証明されています。

  • 6.モンテッソーリ教育のステップ

    子どもの脳の発達段階を踏まえた教育体系

    脳の発達過程と敏感期

    日本経済新聞2017年8月21日朝刊の記事で子どもの脳の感受性に関するグラフが提示されました。このグラフは脳の発達過程を説明する資料としてよく引用されますが、モンテッソーリ教育の「敏感期(後述)」でも言語や数字に関するピークはそれぞれ1歳ー2歳、2歳半ー3歳半で合致しています

    モンテッソーリ教育のステップ

    モンテッソーリ教育は子どもの自立意識が目覚め始める1歳半以降にスタートします。五感を活用しつつ、主に微細運動を中心として手指を積極的に使うお仕事を通じて「未開発の脳(ニューロン)を耕し」、自分で出来ることを増やしていきます

    これは主に3歳以降に「日常生活の練習」「感覚教育」「言語教育」「算数教育」「文化教育」を行ううえで大切な準備段階です。

  • 7.モンテッソーリ教育のスタイル

    子どもが自分で選んで決めます​

    スタイル

    モンテッソーリ教育には、決められたカリキュラムはありません。子どもが自分で選んで決めます。いくら先生が教えても、子どもに興味がなければ身につきません。子どもは自分に必要な「育ち」を知っているので、子どもに任せる方が合理的です。

     

    モンテッソーリ教育では先生は教えませんが、子どもが夢中になれる「おしごと(=「教具」と呼ばれる知育玩具を出してきて遊び、最後にしまう)」を準備したり、お手本を見せたり、子どもに適した「おしごと」を紹介することは行います。 

  • 8.「おしごと」とは?

    日常生活の練習、感覚教育、言語教育、算数教育、文化教育の5分野があります

    5分野

    日常生活の練習

    1〜3歳の子どもは真似することが大好きで、運動の敏感期でもあります。この時期を利用して、手指の動きをコントロールする練習をします。子どもは自分の思い通りに体を動かせるようになり、自分のことは自分でできるようになります。その結果自信と独立心が育ちます。

     

    感覚教育

    「感覚教育」は、感覚の敏感期にある子どもたちの感覚を研ぎ澄まし、抽象的概念を獲得して、ものを考える方法を身につけさせることを目的とします。マリア・モンテッソーリは「対にする」「段階づける」「同じもの同士に分類する」 の3つを知性の働きだと捉えました。これらは後段にあるより具体的な「言語教育」「算数教育」「文化教育」の礎となるものです。

     

    言語教育

    絵本、レプリカ、絵カード、文字カードなどを用い、話す、読む、書くの作業を通じて語彙を豊かにすることを目指し、最終的には文法や文章構成へと進みます。
    運筆を学びながらメタルインセッツを使って図形描画も学びます。

     

    算数教育

    感覚から抽象へ、具体から抽象へと導きます。算数棒、紡錘棒やビーズなどを用いて数の認識から始め、十進法の具体的理解、数字や数式、かけ算わり算など演算への抽象へ無理なく進めていきます。

     

    文化教育

    歴史、地理、生物、音楽、美術などを、知識としてではなく身近なものに触れて体感することで、文化を獲得していきます。

  • 9.モンテッソーリ教具とは

    市販されている知育玩具とは大きく異なる設計、学習項目と完全連動​

    モンテッソーリ教具

    Growba®モンテッソーリ・プレスクールには国際モンテッソーリ協会公認のオランダNienhuis社製教具を中心として多くの知育教材があります。ここでは「モンテッソーリ教具」と呼ばれる知育教材のご説明をいたします。

    1. 「モンテッソーリ教具」は子どもたちにとって2つの側面をもつひとまとまり(ユニット)として設計されています。例えば色つき円柱という教具は「三本指で操作する」という技術的側面「順序づけを学ぶ」という概念的側面を学習するものと定義されます。モンテッソーリ教師はそれぞれの教具の持つユニットの特性に精通し、今子どもたちがどんな敏感期にいるかを把握して使用方法を提示します。子どもたちは教具を扱うことによりこの2つの概念を獲得していきます。
    2. モンテッソーリ教具は特別な作り方をされている専門教具です。「性質の孤立化」とは例えばピンクタワーは大きさが1cm×1cmのものから10cm×10cmのものに10段階の立方体として設計されていますが、色はピンク一色です。子どもたちは複数の異なる性質があると混乱してしまうので、必ず「性質の違いは1つ」と設計されているのです。また「誤りの訂正」とは例えば円柱差しであれば9本入れることが出来ても全部正解でないと残りの1本が入らないように設計されており、教師が教えなくても子どもたち自身が誤りに気づき自分で訂正できるようになっています。

    モンテッソーリ教具は市販の知育教材とは成り立ちや設計思想から大きく異なるものです。そしてモンテッソーリ方式においてはその学習項目と完全連動する形でそれぞれの教具を使いますので非常に高い効果が期待できます

  • 10.モンテッソーリ教具の最大の特長ー感覚教具

    五感と9つの特性を使って脳の発達を促し、色々な学習の基礎をつくる​

    感覚教具

    モンテッソーリ教育を語る上で代表的な教具はピンクタワー、円柱差し、幾何たんすなどの感覚教具です。

    おおまかな学習項目の流れは、

    • 1~2歳児には手指の微細運動獲得「手」は「第二の脳」「体の外に出た脳」と言われています。手指の運動獲得と脳の発達、知能の習得は連動しているとみるのが一般的です)
    • 3歳~6歳児には「日常生活の練習」にはじまり、モンテッソーリ教育で特徴的な「感覚教具」で立体物を使って視覚・触覚・嗅覚・味覚・聴覚という五感と、サイズ(または次元)・形・色・手触り・温度・重さ・味・匂い・音という9つの特性をフル活用

    して、算数教育の基礎となる対(ペアリング)、順序(グレーディング)、分類(ソーティング)という数学的概念を伴った実体験を子どもたちに与えます。

    さらにパターン、測定、形と空間、数、数字、問題解決という概念をも学習します。

  • 11.モンテッソーリ方式の強み

    100年の実績に裏打ちされた算数教育と言語教育に強みがあります​

    算数教具

    モンテッソーリ教育の特長として真っ先に挙げられるのは何と言っても算数教育と言語教育の充実度です。小学校になって教科として算数や国語を講義形式で学び始めると、子どもさんによっては嫌いになったり苦手教科になったりします。

     

    モンテッソーリ方式の算数教育は3歳以降で感覚教具の習得が終わった子ども(平均的には4歳以降)を対象として下記のような項目を習得します。

    • 数量から入り(算数棒、紡錘棒、数字と玉)、数字、数詞(砂数字板)を対応させる
    • 十進法を習得する(金ビーズ)
    • ビーズを使った十進法による加減乗除算
    • 切手あそび、色棒ビーズ(へびあそび)を使った加減乗除算の練習
    • 連続数の習得(セガン板)
    • 二乗(平方)、三乗(立方)の習得
    • 上級算数(大きい数の乗除算、分数、最大公約数、最小公倍数、平方根、立方根)
    • 幾何カードを使った幾何学、二項式・三項式を使った代数学も学ぶ

  • 12.他の幼児教育とどう違うの?

    モンテッソーリ方式の効果

    効果

    1. 子ども自身に向けて:「知育、能力開発」に効く
      • モンテッソーリ方式では「習得の早さ」や「知識の量」よりも、学ぶプロセスを重視します。多くの知識を教わるのではなく、自分で発見し考えることで、考える力や観察力、自己肯定感などを育みます。
      • モンテッソーリ方式のカリキュラム、特に算数教育においては具体的な「教具(立体物)」から抽象的な「数字」、演算の方法なども無理なく学習できます。
    2. 子どもと社会との関係性に向けて:「しつけ、規律、人間性」に効く
      • 人の使っているものには触らない(待つ)」「出したら片付ける」というルールを徹底させるので規律が身につきます。知育玩具を取り合うこともなく、片付けもできるようになります。
    3. 子どもと親との関係性に向けて:「子育て 子どもへの働きかけ」に効く
      • 肯定的な接し方をする。 ×「ダメ」のような否定的な言葉を使わない
      • 一人の人間として尊重する ×わからないと思って嘘をついたりごまかしたりしない

  • 13.発達段階とは?

    乳幼児が人間に成長するための「段階」は無視できません​

    発達

    発達段階とは幼児が人間として成長していく際の身体的・精神的能力獲得の段階を言います。研究者、研究分野によって区分の前後があり、例えばピアジェの思考発達段階は0~2歳の「感覚運動期」、2歳~7歳の「前操作期」、その後「具体的操作期」「形式推論期」の4段階と定義していますが、エリクソンは人生を8段階で定義していて、0歳~1.5歳を「乳児期」、1.5歳~3歳を「幼児期前期」、3歳~6歳を「幼児期後期」と呼んでいます。
    しかし、重要なのはその段階の区分や定義ではなく、

    • 発達段階は順序が入れ替わらない
    • 発達段階に則した項目を適切に提示しなければ意味が無い

    ということです。エリクソンの定義で言えば、幼児期前期に習得できる項目の教育をたとえ乳児期に施したとしても、子どもが準備が出来ていなければ身に付きませんし、はいはいが出来るようになる前に自立歩行できるようにはなりません。

  • 14.発達段階と敏感期って?

    発達の課題に対応した マイブーム

    敏感期

    モンテッソーリ方式に触れると必ず出てくるキーワードが「敏感期」です。敏感期とは発達段階において必要となる身体的・精神的能力獲得が具体的な繰り返し行動に現れることを言います。

    • 秩序の敏感期:いつもと同じじゃないと怒る、習慣・順序・所有・場所などにこだわる
    • 運動の敏感期:何度も同じ動作を繰り返す、階段を上り下りする、家具によじ登る、ティッシュを引っ張り出す
    • 言語の敏感期:うるさいぐらいおしゃべり など

    Growba®モンテッソーリ・プレスクールでは、お子様の敏感期を見極め、適切な知育教具の提示を行ったり、お母さまに助言さしあげるなどを行ってまいります。

    モンテッソーリ方式では敏感期に現れる「集中現象」を重視します。興味があることは、とことん気がすむまでさせてあげてください。それが知的活動や知識の獲得、情緒の安定に繋がります。

  • 15.親はモンテッソーリ方式は勉強するべき?

    学べば学ぶほど、子どもの気持ちや目的が理解できます​​

    松浦公紀先生の著書

    • 例えば、大人が行動する理由は「(行動の結果となる)目的を達成する」ためですが、モンテッソーリ方式においては、子どもが行動する理由は「動き(運動)を獲得するために練習したい」感情の現れと捉えます
    • このようにモンテッソーリ方式における発達段階の知識があると「子どもがなぜそうするのか」や「どうしたいのか」がわかるようになります
    • 別な例でいえば、「片付けた物をすぐ散らかす」のは、「片付けをもう一度したい」から、であったり、「散らかす時の音が楽しい」からだったりします。決してお母さんを困らせたいわけじゃないのです

All Posts
×
×
事業主体について
教室運営事業者 Shine株式会社
運営責任者   佐治 公敏
所在地     
〒458-0021 愛知県名古屋市緑区滝ノ水二丁目101 シティコーポ滝の水1号館101号
連絡先
052-746-1515
MAIL:info@shine-future.co.jp

お申し込み条件について
申し込み方法 TEL/メールによる問合せ後書面にて
受講料金   Webページに記載
お支払方法  現金/口座振替によるお支払い

付帯費用について
入学金20,000円
諸経費を半年毎に6,000円いただきます。

受講のキャンセル料
サービスの性質上キャンセルは承っておりません。

消費税における内税・外税の区別
消費税の扱い:すべて外税

受講ご希望者からのお問合せ窓口
052-746-1515
MAIL:info@growba.jp
×
プライバシーポリシー Privacy Policy

「Growba®モンテッソーリ・プレスクール」(以下「当スクール」とします。)および当スクールの運営会社であるShine株式会社(以下「当社」とします。)が運営する「www.growba.jp」(以下「本サイト」とします。)では、本サイトをご利用になるお客様(以下「お客様」とします。)のプライバシーを尊重し、以下の基本方針に従って個人情報の保護を行います。

個人情報の考え方

個人情報とは、氏名・住所・電話番号など特定の個人を識別することが出来る情報をいいます。但し、個人情報を統計的に処理した情報は、個々の利用者を識別できる情報ではありませんので、個人情報の範囲には含みません。

個人情報の収集について

お客様の個人情報を無断で収集することはいたしません。
個人情報を収集する際には、お客様の意思により情報をご提供いただけることを原則としております。
また、お客様からご提供いただいた個人情報は、次の目的の範囲内で利用させていただきます。

お客様からお問い合わせ頂いた内容にお答えするため
お客様から寄せられたご意見、ご要望にお応えするため
講座募集の告知、当社または関係団体主催および協賛の催し物の告知、機関誌の送付のため
その他なんらかの理由で利用者の皆様と接触する必要が生じたときのため
個人情報の管理について

本サイトでは、個人情報の管理責任者の下、厳重に管理しております。
また、お客様の事前の承諾なく個人情報を第三者に開示、提供することはありません。ただし、法的な命令等により個人情報の開示が求められた場合は、これに応じて情報を開示させていただきます。

個人情報の訂正・削除

お客様が本サイトにおいてご提供いただいた個人情報の開示、訂正、削除を希望される場合は、下記連絡先までご請求ください。所定の手続きに則り、対応させていただきます。

アクセスログについて

本サイトでは、アクセスされた方の情報をアクセスログとして記録しています。
記載された情報にはアクセスされた方のIPアドレス、アクセス日時等が含まれておりますが、個人を特定できる情報を含むものではありません。アクセスログは本ウェブサイトの管理や利用状況に関する分析のために利用いたします。

リンクについて

本サイトでは、いくつかの外部サイトへのリンクを含みますが、個人情報を共有するものではありません。リンク先ウェブサイトにて行われる個人情報の収集に関しては当社では一切責任を負えませんので、リンク先ウェブサイトのプライバシーポリシー等をご参照ください。

プライバシーポリシーの更新について

当スクールおよび当社は、本プライバシーポリシーの内容を継続的に見直しを行い、改善に努めます。

プライバシーポリシーに関する連絡先

privacy@growba.jp