• モンテッソーリ教育Q&A

    知る人ぞ知るモンテッソーリ教育。経験した人たちは皆「魔法のような教育法だ」といいますが、日本に導入されて100年以上になるのに一般的には知られていないことばかりです。一体どんな方式なのでしょうか。

    目次

    ご希望の項目を見るときは下の文字リンクを押してください。各項目の下の戻るを押すとこのメニューに戻れます。

    Growba®モンテッソーリ・プレスクールについてはこちら↓

    体験のお問合せはこちら↓

    お問合せはこちら↓

  • 1.モンテッソーリ教育とは

    世界が認めたオルタナティブ教育

    マリア・モンテッソーリ博士

    医者で教育者のマリア・モンテッソーリがイタリアで考案。

    100年の歴史があり、世界中(特に米国で盛ん。欧州:オランダ、英国、ドイツでも有名)での実績があります。

     

    2016年には英国王室のウィリアム王子とキャサリン妃の長男ジョージ王子がウェストエーカー・モンテッソーリ幼稚園に通っているということが話題になりました。

     

    モンテッソーリ教育は「子どもは自分で自分を成長させる力がある」という考えのもと作られた教育で、次の特徴があります。

     

    特徴1 主体性が育つ

    「今日はみんなでこれをやりましょう」というような教師主導ではなく、「自分は何がやりたいかな」と考えて取り組むのがモンテッソーリ教育です。

     

    特徴2 集中力が育つ

    大人の指摘やアドバイスではなく、自分で手を動かしながら試行錯誤して活動に取り組むことで、自然と集中力がつきます。

     

    特徴3 教具を使う

    マリア・モンテッソーリは子ども達を観察し、子どもの発達・認知能力に即した教具を考案しました。教具だけがモンテッソーリ教育ではありませんが、プリントではなく、実際に手を動かしながら学ぶことで、子どもに無理をさせることなく思考力を伸ばしたり、算数を楽しむことができます。

  • 2.モンテッソーリ教育を受けた著名人は?

    英国王室、米国のITメガベンチャーの経営者はモンテッソーリ教育出身​

    モンテッソーリを受けた著名人

    英国王室(ウィリアム王子、ヘンリー王子、ウィリアム王子の長男ジョージ王子)

    Google 創業者 ラリー・ペイジ氏、セルゲイ・ブリン氏

    Googleは社内制度などにモンテッソーリ方式の考え方を色濃く反映させている

    Amazon.com 創業者 ジェフ・ベゾス氏

    故ピーター・ドラッカー氏、バラック・オバマ前米大統領 など

     

    IT企業経営者にモンテッソーリ出身者が多いのは、新しい経済であるITの仕事に対し、既存の枠にとらわれずに考え行動することができる力がモンテッソーリ教育で育てられた為ではないかと考えられます。

     

    実際に、Google創始者はインタビューで「今の自分があるのは大学の研究よりも、それまで受けていたモンテッソーリ教育のおかげだ」と語っています。

     

  • 3.モンテッソーリ教育の目的

    自立した子どもを育てること

    モンテッソーリ教育の目的は

    「自立していて、有能で、責任感と他人への思いやりがあり、生涯学び続ける姿勢を持った人間を育てる」ことです。

     

    「自立」というと成人や社会人になった時を思い浮かべがちですが、

    「自立」は乳幼児期から始まっています。

    子どもをよく観察すると、乳幼児期の時点で既に「自分でやりたい」と意思表示をしています。

    マリア・モンテッソーリは、

    • 子どもは生まれつき「成長したい」という意欲と力を持って生まれてくる
    • 大人の役割は教えることではなく、子どもの自発性を尊重し、子供の育ちに見合った環境を整えることが大切

    だと考えました。

     

    そして、マリア・モンテッソーリは子どもの育ちを援助する独自の教具を考案しました。知育教具は木製で美しく、子どもたちを「おしごと」に誘いかけます。

     

    体験入学では、プロのモンテッソーリ教師が子どもの観察をしながら、「おしごと」の紹介をします。

    一度体験されてみたい方は「体験入学の案内を見る」より詳細をご確認ください。

  • 4.モンテッソーリ教育のステップ

    子どもの脳の発達段階を踏まえた教育体系

    OECDの脳の感受性グラフと敏感期の関係

    日本経済新聞2017年8月21日朝刊の記事で子どもの脳の感受性に関するグラフが提示されました。

    このグラフは脳の発達過程を説明する資料としてよく引用されますが、モンテッソーリ教育の「敏感期(後述)」でも言語や数字に関するピークはそれぞれ1歳ー2歳、2歳半ー3歳半とされています。

    モンテッソーリ教育のステップ

    モンテッソーリ教育は0歳から始まります。五感への刺激によって発達をサポートし、1歳半頃から手指を積極的に使う活動を通じて「未開発の脳(ニューロン)を耕し」、自分で出来ることを増やしていきます

     

    これは主に3歳以降に「日常生活の練習」「感覚教育」「言語教育」「算数教育」「文化教育」を行ううえで大切な準備段階です。

  • 5.モンテッソーリ教育のスタイル

    子どもが自分で選んで決めます​

    モンテッソーリ教育には、決められたカリキュラムはありません。子どもが自分で選んで決めます。いくら先生が教えても、子どもに興味がなければ身につきません。子どもは自分に必要な「育ち」を知っているので、子どもに任せる方が合理的です。

     

    モンテッソーリ教育では先生は教えませんが、子どもが夢中になれる「おしごと(=「教具」と呼ばれる知育玩具を出してきて遊び、最後にしまう)」を準備したり、お手本を見せたり、子どもに適した「おしごと」を紹介することは行います。 

  • 6.他の幼児教育とどう違うの?

    モンテッソーリは知育効果のみではなく、規律を持った人格形成

    1. 子ども自身に向けて:知育、能力開発
      • モンテッソーリ方式では「習得の早さ」や「知識の量」よりも、学ぶプロセスを重視します。多くの知識を教わるのではなく、自分で発見し考えることで、考える力や観察力、自己肯定感などを育みます。
    2. 子どもと社会との関係性に向けて:「人間性」を育てる
      • 人の使っているものには触らない(待つ)」「出したら片付ける」というルールを徹底させるので規律が身につきます。知育玩具を取り合うこともなく、片付けもできるようになります。
    3. 子どもと親との関係性に向けて:「子育て 子どもへの働きかけ」に効く
      • 肯定的な接し方をする。 ×「ダメ」のような否定的な言葉を使わない
      • 一人の人間として尊重する ×わからないと思って嘘をついたりごまかしたりしない
      • Growbaでは、教室での活動に加えて、生徒の保護者様に上記のような子育てのポイントや良好な親子関係の作り方などを紹介するミニ講座やニュースレターを配信しています。
  • 7.モンテッソーリ教育は何歳から始めるの?

    3歳までに脳の80%が完成するというけれど、2歳もしくは4歳でも間に合う?

    生まれた時から、モンテッソーリ教育は始まります。

    マリア・モンテッソーリは一生のうちで、一番重要な時期を0~1歳と述べています。

     

    とはいえ、2歳、3歳で入学し、立派に成長して卒業されていったお子様も数多くいらっしゃいます。

    「早ければ良い」というわけではありませんが、数学の基礎となる「感覚刺激」や「言語」に関しては、1〜2歳が最も吸収しやすい時期です。

    また、年少前にモンテッソーリ教育で

    「好奇心を持ってコツコツ活動に取り組む」

    という姿勢を身につけると、その後の「算数」や「国語」などの学びがより効果的です。

     

    いつ始めても「遅すぎる」ということはありませんが、極力年少前から始めることをおすすめしています。

  • 8.発達段階と敏感期って?

    発達の課題に対応した マイブーム

    モンテッソーリ方式に触れると必ず出てくるキーワードが「敏感期」です。敏感期とは発達段階において必要なことが「子どもがやりたがること」として具体的な繰り返し行動に現れることを言います。

    • 秩序の敏感期:いつもと同じじゃないと怒る、習慣・順序・所有・場所などにこだわる
    • 運動の敏感期:何度も同じ動作を繰り返す、階段を上り下りする、家具によじ登る、ティッシュを引っ張り出す
    • 言語の敏感期:うるさいぐらいおしゃべり など

    Growba®モンテッソーリ・プレスクールでは、お子様の敏感期を見極め、適切な知育教具の提示を行ったり、お母さまに助言さしあげるなどを行ってまいります。

    モンテッソーリでは敏感期に現れる「集中現象」を重視します。興味があることは、とことん気がすむまでさせてあげてください。それが知的活動や知識の獲得、情緒の安定に繋がります。

  • 9.親はモンテッソーリ教育は勉強するべき?

    学べば学ぶほど、子どもの気持ちや目的が理解できます​​

    松浦公紀先生の著書

    基本的なモンテッソーリ教育の考え方や接し方を知って、ご家庭でも実践されると、お子様の意欲や主体性が伸びます。

     

    その結果、教室でも様々な活動に参加し、

    より高度な活動に進みやすくなるので、

    より早く教室の効果を感じていただけるかと思います。

     

    とはいえ、専門的内容を学ぶ必要はなく、

    生徒の保護者様には、

    ご家庭で実践できるモンテッソーリ教育のミニ講座や

    ニュースレター、面談などの

    サービスを提供しておりますので、

    是非ご活用ください。

  • 10.モンテッソーリ教育を18分で知る

    米国でのモンテッソーリスクールの事例

    Video is created by Jesse McCarthy at montessorieducation.com

    (authorized to embedded to our site)

    • ポイントは3つ
      1. 「観察し、子どもに従う」:6か月の子がおもちゃを取ろうとしてチャレンジしています。手を出さず(No necessary aid is given)観察(Just, observe)することが重要です。
      2. 「日常生活の練習」:テーブルセッティングを任せます。
      3. 「制限ある自由」:出したら片付ける、お友達のやっているお仕事に手を出さない(待つ)
×
規約と条件
事業主体について
教室運営事業者 Shine株式会社
運営責任者   佐治 公敏
所在地     
〒458-0021 愛知県名古屋市緑区滝ノ水二丁目101 シティコーポ滝の水1号館101号
連絡先
052-746-1515
MAIL:info@shine-future.co.jp

お申し込み条件について
申し込み方法 TEL/メールによる問合せ後書面にて
受講料金   Webページに記載
お支払方法  現金/口座振替によるお支払い

付帯費用について
入学金20,000円
諸経費を半年毎に6,000円いただきます。

受講のキャンセル料
サービスの性質上キャンセルは承っておりません。

消費税における内税・外税の区別
消費税の扱い:すべて外税

受講ご希望者からのお問合せ窓口
052-746-1515
MAIL:info@growba.jp
×
プライバシーポリシー
プライバシーポリシー Privacy Policy

「Growba®モンテッソーリ・プレスクール」(以下「当スクール」とします。)および当スクールの運営会社であるShine株式会社(以下「当社」とします。)が運営する「www.growba.jp」(以下「本サイト」とします。)では、本サイトをご利用になるお客様(以下「お客様」とします。)のプライバシーを尊重し、以下の基本方針に従って個人情報の保護を行います。

個人情報の考え方

個人情報とは、氏名・住所・電話番号など特定の個人を識別することが出来る情報をいいます。但し、個人情報を統計的に処理した情報は、個々の利用者を識別できる情報ではありませんので、個人情報の範囲には含みません。

個人情報の収集について

お客様の個人情報を無断で収集することはいたしません。
個人情報を収集する際には、お客様の意思により情報をご提供いただけることを原則としております。
また、お客様からご提供いただいた個人情報は、次の目的の範囲内で利用させていただきます。

お客様からお問い合わせ頂いた内容にお答えするため
お客様から寄せられたご意見、ご要望にお応えするため
講座募集の告知、当社または関係団体主催および協賛の催し物の告知、機関誌の送付のため
その他なんらかの理由で利用者の皆様と接触する必要が生じたときのため
個人情報の管理について

本サイトでは、個人情報の管理責任者の下、厳重に管理しております。
また、お客様の事前の承諾なく個人情報を第三者に開示、提供することはありません。ただし、法的な命令等により個人情報の開示が求められた場合は、これに応じて情報を開示させていただきます。

個人情報の訂正・削除

お客様が本サイトにおいてご提供いただいた個人情報の開示、訂正、削除を希望される場合は、下記連絡先までご請求ください。所定の手続きに則り、対応させていただきます。

アクセスログについて

本サイトでは、アクセスされた方の情報をアクセスログとして記録しています。
記載された情報にはアクセスされた方のIPアドレス、アクセス日時等が含まれておりますが、個人を特定できる情報を含むものではありません。アクセスログは本ウェブサイトの管理や利用状況に関する分析のために利用いたします。

リンクについて

本サイトでは、いくつかの外部サイトへのリンクを含みますが、個人情報を共有するものではありません。リンク先ウェブサイトにて行われる個人情報の収集に関しては当社では一切責任を負えませんので、リンク先ウェブサイトのプライバシーポリシー等をご参照ください。

プライバシーポリシーの更新について

当スクールおよび当社は、本プライバシーポリシーの内容を継続的に見直しを行い、改善に努めます。

プライバシーポリシーに関する連絡先

privacy@growba.jp